ザグレブからプリトヴィツェへのアクセスとバス料金など

クロアチアの首都ザグレブから世界遺産『プリトヴィツェ湖群国立公園』への行き方について詳しくご説明いたします。

実際に過去に私がザグレブからプリトヴィツェへ移動したときの出来事や計画を立てるときに迷ったことについても実例を出してお話ししています。

ザグレブからプリトヴィツェへの交通手段

プリトヴィツェはザグレブの南約130kmに位置しています。
ちょうどザグレブとアドリア海の中間くらいの場所です。

ザグレブからプリトヴィツェ湖群国立公園へ行く方法は基本的にはバスになります。

私自身バスがあまり好きではないので最初は鉄道を探したのですがこの区間に路線はなく結局バスで行きました。
上の写真が私が利用させてもらったバスです。

 

バスでの移動時間と料金

ザグレブからプリトヴィツェまでのバスでの所要時間はおよそ2時間半

バスの運賃は70kn~90kn(約1,200~1,500円)です。

乗車料金に幅があるのは主にこのような理由があります。

・バスの運行会社の違い
・便の時間帯による違い
・季節による違い

観光シーズンのバスや人気のある時間帯の便は少し高くなる傾向があります。

70~90knという価格自体はクロアチアのバスの中では少しだけ高いですが人気路線ということを考慮するとおかしな値段ではありません。

私の場合は9月に朝8時発の便を利用して74kn(約1,250円)でした。

 

この区間を運行しているバス会社

・Arriva Autotrans
・Autobusni prijevoz Varaždin
・Globtour
・Ines Tours
・Promet Makarska

他にもありますが1つ1つを調べる必要はありません。
下部の関連リンク集に比較サイトを掲載しておきますので後でそちらから検索をかけてみてください。

検索結果にはバス料金の他に各バス会社のレビュー点数も表示されますのでそちらも参考にするのがオススメです。

 

私が利用したバス会社

私の場合は『PRIJEVOZ KNEŽEVIĆ』という会社が運行しているバスを選びました。

Prijevoz Knežević社はプリトヴィツェ公園の周辺の運行に特化したバス会社です。
ザグレブ・ザダル・スプリットと国立公園を結んでいます。

私が確認した範囲ではこのザグレブ-プリトヴィツェ路線において、比較サイト上のレビューが1番良かったのでPrijevoz Kneževićを選びました。

実際に快適だったのでこちらのバス会社さんにして良かったと思います。
座り心地と外国のバスの割には清潔だった点がGOOD。

ただし、改めて調べてみるとこちらのバス会社さんは観光シーズンにしかバスを出していないようです。

 

プリトヴィツェの2つの入り口

プリトヴィツェ国立公園のエントランスは2つあります。

『Entrance1』『Entrance2』です。

そして、エントランスごとにバスの駐車場がありチケットオフィスも併設されております。

地理的にはザグレブのある北方面からザグレブ→エントランス1→エントランス2→(便によっては南のアドリア海沿岸の都市まで)という位置関係です。

あくまで私が確認した範囲でですがザグレブからプリトヴィツェを走るバスは基本的には両方のエントランスに停まるようでした。
ということはつまりどちらのエントランスから公園へ入るかを自分で選ぶ必要があります。

 
実際に私が利用したバス会社さんも2つのエントランス両方に停まりました。

ただ、その時にはたしかに最初にエントランス1に停まりはしましたが、国立公園側で「エントランス1にあるチケットオフィスが正午にならないと開かない」ということでしたので私はエントランス2まで乗ることにしました。

さらに、こういったイレギュラー?以外にもシーズンによってはどちらかのエントランスしか開いていないといった話も聞きます。
どちらからでも回れるように準備しておくと現地で慌てることもないでしょう。

私自身はあらかじめエントランス1から入って公園を回るコース設定をしていたので現地で慌ててコースを組み直すことになりました。
 

荷物についてのコツ

移動の際の荷物について

最後に、スーツケースなどの荷物の管理に関して私の経験から少しお話しいたします。

先に、ホテルからの移動の際の荷物について。

プリトヴィツェ便に限らずスーツケースなどの大きな荷物はバスの下に格納してくださいます。
降車時に受け取り忘れることのないようにご注意ください。

私も服などが入った大バッグはトランクで預かっていただいて、貴重品の入ったリュックサックは車内に持ち込むことが多いです。

また、バス停は狭かったりせわしなかったりするので荷物の仕分けはあらかじめ宿で済ましておくのがオススメです。
特に朝が早い方は前日にはパッキングを済ませたほうがいいですよ。

 

公園で預ける荷物について

次に、プリトヴィツェでの荷物保管について。

そもそも「プリトヴィツェ公園で荷物は預かってもらえるの?コインロッカーはあるの?」の件に関してですが、プリトヴィツェではエントランス付近で荷物の預かりサービスがございます。

湖群国立公園の観光客はスーツケースのような大きなに荷物から細々としたものまで無料で預かってもらえます。
ただし、とても無用心なので貴重品は置かないようにしてください。

私が利用したエントランス2の荷物預け場所はコインロッカーではなくただの倉庫でした。
しかも、倉庫に鍵はあるのに預けるときにも回収するときにもなぜか施錠がなされておりませんでした。

以上より、ホテルでの事前の荷物の仕分けの時には「公園へ持ち込むもの(貴重品や水分・軽食)」と「預かってもらうもの」を考えて分類しておくことよって、現地ではスムーズに散策をスタートできるかと思います。

 

関連リンク集

・ヨーロッパバス比較サイト
GetByBus

・クロアチアバス比較サイト
Arriva Croatia

クロアチア国内のバス移動について。鉄道との比較

2020年1月1日

プリトヴィツェ観光のポイント、ルートの周り方、チケットの買い方

2020年4月1日