クロアチア・ザダルの観光情報まとめ

ザダル旅行を検討している方やすでにザダルに行く方ことが決まっている方に向けて「ザダル観光ってこんなイメージだよ」という旅の全体的な内容を説明させていただきます。

 

ザダルでしたいこと


ザダルには夕日を見に行くという方も少なくないのではないでしょうか。
私的にも「ザダルで一番にしたいこと」は夕日を見ることです。

夕日を見るオススメスポットは2つ。
ザダル旧市街の最西端にある『太陽への挨拶』と呼ばれる人気スポットと聖ストシャ大聖堂の『鐘楼』の展望台です。

 
ザダルの観光名所といえば『聖ドナト教会』だったりローマ時代の遺跡『フォーラム(フォルム)』がメインになります。
また『ザダルの金と銀の博物館』はダルマチア地方で名高い宗教芸術の結晶です。
これらの教会・フォーラム・博物館は全て旧市街中央の『ゼレニ広場』に集まっています。

いわゆる観光エリアとなっているザダル旧市街はアドリア海に突き出した半島の上に成り立っています。
そして、その半島自体が徒歩30分~40分で一周できてしまうくらい旧市街はそれほど大きな街ではありませんので気軽に見て回ることができるのではないでしょうか。

 

ザダルのレストラン


ザダルの旧市街はそれほど大きい街ではありませんがレストランは比較的充実している印象を受けました。

価格帯は首都のザグレブより30%くらいアップします。
日本で同じような絶好のロケーションで食べた時と同じくらいの値段はするか少しは安い程度という感覚でした。

ザダルのレストランはどこもオシャレでアドリア海沿岸の都市特有の雰囲気があります。

私が食べた中ではシーフードパスタが特別に美味しかったです。
今後、別の記事でレストランの紹介をいたしますのでそちらもご確認ください。

レストランでもカフェやファーストフードでも私が利用したお店でクレジットカードが使えなかったお店はありませんでした。

 

ザダルのスーパーマーケット


ザダルで宿泊する方にとってスーパーマーケットは重要です。
ありがたいことにザダルの旧市街には小規模のスーパーマーケットがいくつかありました。

価格設定は立地の都合上ほんの少し高めにはなっておりますが法外な値段ではありません。
例えばクロアチア定番ブランドの1.5Lの水はおよそ7kn(約120円)です。

 
旧市街の外に出ればKonzumやSparといった大型店舗を構えるスーパーマーケットチェーンもあります。
東へ徒歩20分くらいの場所です。

もちろん価格はそちらで買ったほうが安いですが、例えば水だと同じものが5knで買えます。
わずかな差額ですので貴重な時間を割いてその数十円や数百円を節約するならば、旧市街の比較的安いスーパーで買ったほうが合理的です。

 
もちろん旧市街には観光客向けのぼったくり店舗もありますので必ず価格を確認するようにしてください。

実際に私が利用して安かったスーパーマーケットは『ULTRA Sonik』と、ベルタワー近くの『Market』です。

ULTRASonikは最初お店の名前的に絶対にぼったくり系かと思いましたがそんなことはなくてしかもチェーンストアとして旧市街内に点在していたのでさっと寄れることが多く便利でした。
一方のMarketは旧市街の中央の1店舗だけでしたが旧市街のスーパーでは一番売り場面積が大きく日用品やビールなどの品揃えも良く値段も抑えめだったので一番オススメです。

いずれもカード払い可能です。

 

ザダルへのアクセスについて


ザダルへの行き方について近隣の主要都市に絞って交通手段や移動時間を簡単に紹介いたします。

首都ザグレブからはバスで所要時間は4時間ほど。
鉄道はありません。

アドリア海沿岸の都市はクロアチア国内だとプーラ・リエカ・シベニク・スプリットからザダルへフェリーが出ております。
所要時間はプーラ-ザダル6時間、リエカ-ザダル4時間、シベニク-ザダル2時間、スプリット-ザダル3時間半程度です。

対岸のイタリアからはペーザロ・アンコーナ・チェゼナーティコからの来航が可能です。
残念ながらヴェネチア-ザダルのゴールデンコースは現在ありませんのでプーラでの乗り換える必要があります。

また、オフシーズンはフェリーの運行はありませんのでご注意ください。

参考までに私の場合はザグレブからバスでザダルに入りました。
ちょうどその2都市の真ん中くらいにプリトヴィツェ国立公園が位置していますので、朝ザグレブを出て昼にプリトヴィッツェを観光してから夕方にザダルに来ました。

 

ザダル観光に何泊必要か?観光モデルコース


ザダル観光に必要な日数は何日間でしょうか。

私の実感値ではザダル観光は1泊2日あれば十分です。

初日の朝か昼に旧市街の入口となっている東側の『Land Gage(陸の門)』から入って『5つの井戸の広場(Five Wells Square)』で井戸を見学。

メインストリートである『シロカ通り(Široka ulica)』を北に歩いて『聖ドナト教会(Crkva Sv. Donata)』『フォーラム(Forum)』の遺跡を巡り夕方には『太陽への挨拶(The Greeting to the Sun)』で夕日を見ます。

おそらく時間が余るのでサンセットの前には鐘楼に登ったり博物館を見学したりすることも可能です。
博物館は閉館時間が早いのでご注意ください。

ディナーはシーフードを食べてそのまま一泊するのがベストでは無いでしょうか。

翌朝はRivaのアドリア海に面したおしゃれなカフェでコーヒーでも飲みましょう。

 

ザダル旅行はオススメできるかどうか

とってもオススメです。

私は1回目のクロアチア旅行で小さい街も合わせて全部で9つの街を巡りました。

個人的にはザダルは1番素敵な街でした。

以下の記事も合わせてご確認いただければと思います。

・ザダルの観光スポットについて1つ1つ紹介しています。

サンセットの街ザダルの写真撮影スポット。港!遺跡!夕日!

2020年1月1日

・ザダルの写真スポットを実際に撮った写真と共に紹介しています。

ザダルの観光スポットまとめ。オススメの観光モデルコースも!

2020年1月1日